子どもを預かってほしい時間帯と回数

「働き方を確認しよう」を元に、お子さんを保育してほしい「時間帯」や「回数」の希望を書き出してみましょう。

■保育をしてほしい時間帯

認可保育園の場合、保育時間(保育をお願いする、子どもを預かってもらう時間)は、勤務時間や送迎時間などを踏まえて、園と決定します。

具体的には、以下のようなケースが基本となります。
【通勤時間(保育園から勤務先へ)】+【勤務時間】+【通勤時間(勤務先から保育園へ)】

ですので、「保育をしてほしい時間帯」は

  • 通勤時間(保育園から勤務先へ)
  • 勤務時間
  • 通勤時間(勤務先から保育園へ)

に分けて、考えてみることをおススメします。

■保育してほしい回数

  • 週の回数
  • 曜日(平日・土曜日・日曜日)

※例:週5回・平日 など

保育園の開所日は、その園によっても違いますが、土曜は保育時間が平日とは異なる園や、日曜・祝日・年末年始がお休みの園も多くあります。
その代わりに、「休日保育」「夜間保育」を行っている園もあります。

まずは自由に、ご自身の希望を書き出してみましょう。

hoikuch_038

■ワンポイントアドバイス

認可保育園の開所時間は、施設や市区町村によって30分前後ずれることもありますが、メインの時間帯は 7:00もしくは7:30~18:30(延長保育:18:30~19:30)であることが多いようです。
(延長保育の場合は、別途料金が必要となります)

それを補うかのように、認可外保育施設は20~22時まで開所しているところも多く、時間の区分の決め方や、その料金設定は園によってさまざまです。

もし、ご希望の保育時間が、認可保育園の開所時間にそぐわない、などという場合でも、送迎のみをベビーシッターや、自治体のファミリーサポートなどにお願いするという手段もあります。 

こちらについては「保育制度をうまく活用する」にてご説明しますね。

保育施設を探す「エリア」についても、考えてみましょう。
→次のページ「どこのエリアまでをターゲットにするか」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク