わが子にとって最高の保育園を選ぶための見学の時期と方法

わが子にとって最高の保育園を選ぶために、見学に行く時期はいつがいいのか?その方法は?

保育園が初めてのママにも分かりやすくまとめています。

見学時期は?

保育園の見学は、ほとんどの保育園が1年中受け付けています。自治体によって異なりますが、4月入園の場合は申し込み時期が10~12月頃のため、9~10月頃に見学に行くことをお勧めします。ただ、9月末~10月頃は運動会がある園も多いので、普段の活動の様子を見たい場合は、9月上旬がいいかもしれませんね。

保育園によっては、園庭解放の日があったり、子育て支援ルームがあったりするので、気になる保育園がある場合は、そういう日に何度か足を運んでみるといいですよ。

申し込み時期が近づいてくると、各保育園の見学も混みあってきますので、できるだけ早めに動き始めたほうが、余裕をもっていろいろな保育園を見学することができます。

見学時間は?

私自身、これまで見学に行った多くの保育園から、10時~11時頃を指定されました。10時頃というのは、朝9時頃までに登園が完了し、朝の会などが終わって、ちょうどクラスでの活動や外遊びなどの時間帯となるため、子どもたちが活発に遊んでいる様子を見ることができる時間帯なんです。

12時前から給食の時間になるため、長くても11時半頃には終了することが多いです。

午後からは、給食後にお昼寝、おやつとあり、早い子は15時半や16時頃に降園するため、子どもたちの活動を見学したい場合、午後の見学はあまりお勧めできません。(一度だけ、ちょうどお昼寝の時間帯に見学に行ったことがありますが、保育士さんも寝ている子に気をつかうので、なかなかしっかりお話を伺えませんでした)

見学の申し込み方法は?

見学を希望する保育園に直接電話しましょう。

電話をする時間は、園が落ち着いている10時〜11時半頃または、13時〜14時半頃がお勧めです。

見学の際のポイントは?

まずは外観

綺麗な保育園のほうが良さそうに見えますが、古い保育園というのはそれなりに歴史のある保育園だということを忘れてはいけません。

私立保育園は比較的新しいところが多く、公立保育園に比べて外観が綺麗なところが多いですが、園庭の広さや遊具の有無なども見ておきましょう。

小さい保育園の場合は、ビルのテナント部分を保育園としていたりもします。周辺環境もあわせて確認しておきましょう。

次に誰が対応してくれるか?

見学の際、対応してくれるのは、手の空いている保育士さん(クラス担当ではない保育士さん)や事務員さんの場合と園長先生の場合があります。

手の空いている保育士さんや事務員さんが対応してくださる場合、園長先生がいらっしゃれば最初の挨拶だけお話しできる機会もあります。

園長先生が対応してくださる場合は、ちょっと緊張してしまうかもしれませんが、これまでの経験上、園長先生の色が園に反映されていることが多かったため、園長先生とコミュニケーションできるのは、園の雰囲気を感じ取るいい機会です。

ただし、公立の保育園は、3年程度で園長先生や保育士さんが異動されることが多いため、全体の雰囲気を感じ取るのがお勧めです。

子どもたちの様子を観察

お部屋やお外で遊んでいる子どもたちが

  • どんな表情をしているのか?
  • どんな遊びに取り組んでいるのか?
  • どんな雰囲気の子たちが多いのか?
  • 保育士さんとの関わり方は?

など、のびのびと楽しく過ごせているか?などを観察しましょう。

子どもたちは素直なので、気持ちは全部表情にあらわれています。

見学前に保育園の外から子どもたちが遊んでいる日常の姿を見るのもお勧めですよ。

保育士さんの様子を観察

  • 子どもとの関わり方はどうか?(ダメなことをしたときにちゃんと叱っているか?できたときは褒めているか?など)
  • 保育士さん同士のコミュニケーションはスムーズそうか?(人間関係は円滑そうか?)
  • 保育士さんたちの属性はどうか?(男女比や年齢、既婚か、子どもはいるかなど)

子どもをみてくれる保育士さん自身が満たされていないと、安心して子どもを預けることはできませんし、子どもは純粋なので、長時間かかわる大人の影響を受けます。そのため、保育士さんたちが楽しそうに働いている保育園であることは大事なことです。

1日の活動を聞こう

たいてい1日の流れはどこの保育園も同じです。

ただ、活動の中でも、

  • お外遊びが多い保育園なのか?
  • お勉強が多い保育園なのか?
  • 習い事などに連れて行ってくれるのか?
  • 専門の先生が教えに来てくれる課外活動があるのか?
  • お外にお散歩に行ったりするのか?
  • お野菜やお花などを育てたりするのか?

など、預けている時間をどんな配分でどんなことに使っているのか?が分かると、より自分の考えにあった保育園を見つけることができますよ。

給食やおやつは?

  • 給食室で毎日手作り給食をつくっているかどうか?
  • お弁当持参なのか?
  • おやつは手作り?
  • アレルギー対応はしてもらえる?

など、基本的なことですが、しっかり確認しておきましょう。

また、食事の場所は多くの場合、活動するお部屋(クラス)で食べますが、見学に行った中にはランチルームがある保育園などもあり、異年齢交流をしながら食べるという園もありました。

お昼寝は?

お昼寝はお布団持参の場合と、バスタオル・タオルケットや毛布のみ持参の場合があります。また、パジャマに着替える園とそうでない園がありますので、こちらも聞いてみると園の方針が分かっていいですよ。

多くの場合、活動するお部屋(クラス)を片付けてお昼寝をします。どんなふうにお昼寝をするのか?も聞いてみましょう。

送迎、登園降園について

  • 送迎は車OKか?(駐車場の広さは十分か?朝の混雑具合も聞いてみましょう)
  • そのままお仕事に行く場合、自転車やベビーカーなどは園に置いて行けるか?
  • 園への出入りは、カードキーなどが必要かどうか?
  • 登園・降園時に親が仕度をするかどうか?(玄関で子どもを受け渡しする場合と親がお部屋まで行って一緒に仕度をする場合があります)
  • お迎えの時間は厳守かどうか?(以前、お熱が出たときは電話してから60分以内に迎えに来れないと預かれないという園がありました。1分でもお迎えに遅れるのはダメ。お迎えの時間は、帰りの準備ができて園を出る時間のこと。など園によってさまざまですので、心配な方は、どうしてものときの対応が可能かどうかも確認しておいた方がいいでしょう)

行事について

親が関わる行事はどのくらいあるのか?いつ(土日)に実施されるのか?

保護者会や役員などの活動があるのか?

このあたりは、見学の際に説明がないこともありますので、ご自身で質問し、確認しておいたほうがいいですね。

一時保育を利用してみよう

希望する保育園の中には、一時保育を実施している園もあるはずです。実際に利用してみると、よく分かることもあるので、機会があれば一時保育を利用してみるといいでしょう。

最後に

見学に行って気に入った保育園があったとしても、当たり前ですが、絶対に入園できる!というわけではありません。でも、大事なわが子を安心してお願いできる保育園を自分の目でしっかりと確認することは、とても大切なことだと私は思っています。

いいな♪と思える保育園の優先順位を見学で決める。そんな気持ちでそれぞれの園の見学に行ってみませんか。

あなたとあなたのお子さんにとって最高の保育園が見つかりますように。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク